おまとめローンはお得になる?正しく知っておきたい基礎知識


カードローンの普及とともにその利用方法は多様化していますが、その中でももっとも知られているのが、「おまとめローン」です。正しく使えば便利なおまとめローンですが、使いかたを誤ると逆に大きな負担を背負うことになりかねません。おまとめローンの基本や知っておきたいポイントについて見てみましょう。

おまとめローンとはなにか

そもそも、おまとめローンとはどのような仕組みなのでしょうか。おまとめローンとは、銀行や一宇bの消費者金融が提供している複数のカードローンの借り入れがある人に向けた借り換え専門ローンのことです。その特徴は複数の借り入れをおまとめローンに一本化することで金利と毎月の負担を複数の返済を平行して続けるよりも小さくすることにあります。
おまとめローンが誕生したきっかけの一つに、貸金業法の改正による「総量規制」の導入があります。総量規制とは、消費者金融などの貸金業者からの借り入れを年収の三分の一に制限する規制です。これにより複数社の借り入れを返済するために新たに借り入れをしようとしても総量規制の対象となるために審査に通らず、借り入れできないという人が増えました。このようなカードローン利用者の救済措置として設定されたのがおまとめローンであり、既に総量規制の上限一杯の借り入れがあるカードローン利用者でも新たに借り入れできるよう例外とされているのが特徴です。おまとめローンは、当初から総量規制の対象外である銀行や一部の消費者金融などが力を入れているサービスであり、大きな借入限度額と低い利率が魅力となるカードローンです。

おまとめローン利用のメリット・デメリット

このように返済の負担を軽減するために役立つおまとめローンですが、実際の利用ではどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。それぞれ見てみましょう。おまとめローンを利用するメリットとしてもっとも大きいのが、複数のカードローンの借り入れをまとめることで毎月の元金・金利の返済の負担が軽減されることがあげられます。また、カードローンごとに異なる返済日がおまとめローンの返済日に統一されるため、支払いの管理も格段に簡単になるメリットがあります。この他に見逃せないポイントとして、任意整理ではなくあくまで借り入れ・返済での対処となるので、指定信用情報機関に事故情報として登録される心配がないことも見逃せません。

逆におまとめローンのデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。もっとも大きなデメリットとしては、おまとめローンでは借り入れている債務を機械的に一本化することで、本来ならできたはずの過払い金返還請求ができなくなってしまうことがあげられます。利息制限法の改正によりいわゆる「グレーゾーン金利」は違法となり、過払い金返還請求をおこなうことで支払った部分については返還を求めることができます。しかしおまとめローンに一本化するときにグレーゾーン金利部分の権利を放棄することになるため、過払い金返還請求ができなくなってしまうのです。
また、返済の負担が軽くなったことで生じた余裕で更なる借り入れをすることで結局多重債務の状態から抜け出せないことをはじめとして、無計画な利用には大きなデメリットが生じることに注意が必要です。

おわりに

正しく使うことで返済の負担を大きく減らせるおまとめローンですが、無計画に利用すると更なる負担を呼びこむことにもなりかねないため、カードローンの利用は計画的にすることが欠かせません。