自己破産してしまう前と後で何が大きく変わるの?


つい借りすぎてしまったカードローンの借り入れや買いすぎてしまったカードローンのショッピングが積もると、返済が追いつかず取り立てに追いまくられることになります。そうなると日常生活の維持に大きな負担が生じることになるため、裁判所に申し立てて返済の免除をしてもらう「自己破産」が検討されます。自己破産をすると生活が大きく変わると言われていますが、実際にはどのような変化があるのでしょうか。今回は自己破産の前後で生活のどのような点が変わるのかを見てみましょう。

自己破産とはなにか

自己破産とは、カードローンの借り入れやクレジットカードの利用代金を返済できなくなったときに借金を免除してもらうための手段の1つです。自己破産は裁判所に申し立てをすることで自分の生活のための必要最低限の財産を除いた財産を提供する代わりに、借金を免除してもらう手続きが一般的です。

自己破産はどのような影響があるのか

自己破産は法的に定められた手続きであり、申し立てが受理されると強力な効力を発揮しますが、そのために法的に日常生活の様々な局面で制限される事項が増えます。自己破産によって制限される事項の代表的なものとしては、

  • 所有財産の処分…当面の生活費として認められる99万円以下の現金を除く自己名義の資産
  • 自由の制限…本人宛の郵便物の管財人への転送や、許可のない転居や長期の旅行
  • 資格の制限…弁護士や公認会計士、保険外交員など一部職業への就職規制
  • 公的名簿への記載…政府が発行する「官報」と本籍地の破産者名簿への記載
  • 指定信用情報機関への登録…いわゆる「ブラックリスト」への登録

など、主にお金に関する様々な面で自由な行動が大きく制限されることとなります。

自己破産申し立て後の生活はどのようなものか

このように様々な申し立てだけでも様々なデメリットのある自己破産ですが、申し立てが受理されると更なるデメリットが生じます。もっとも大きなものとしては、指定信用情報機関の「ブラックリスト」に登録されるため、カードローンはもちろん、クレジットカードや銀行からお金を借りることができなくなることがあげられます。また、自己名義での財産として住宅を所有していれば、任意売却で売却するか競売にかけるかを選ぶことになります。特に競売を選ぶと落札価格が低くなる傾向があるだけではなく、競売で落札した人の中には回収を確実におこなうために落札後に強制執行で立ち退きを求めるケースもあります。
そのため、できるだけ任意売却によって売却価格を高くすることが早期の返済のためには欠かせません。
もちろん、自己破産はデメリットだけではありません。もっとも大きなメリットとしては、取り立てが申し立て前後でピタリとなくなることがあげられます。また、自己破産を申し立て・受理されても普通に生活している限りでは自己破産をした事実を知られることは詮索されなければありません。自己破産はデメリットのほうが大きいと考えられがちですが、借金という大きな負担を軽減することは生活や収入の安定をもたらし、状況を良い方向に向けるためには有力な選択肢と言えるでしょう。

おわりに

このように、メリット・デメリットとも大きいものの、自己破産をすることは取り立てをそのまま放置することや夜逃げよりもはるかに健全な環境を維持するのに役立つと言えます。
もし借金や取り立てに悩んでいるのであれば、自己破産は有力な選択肢と言えるでしょう。