本当に仕事していない人でも審査が通ることはあるの?


就職難やリストラなど、「失われた20年」の間に雇用環境は大きく悪化し、就職難やリストラなどで職を失うことは珍しいことではなくなりました。しかし、無職であってもお金は関係なく出ていくもの。貯金があるうちは余裕を持っていられますが、使えば使うだけ貯金は減るため、徐々に追い込まれることとなります。そこで思い浮かぶのがカードローンからの借り入れですが、無職でもカードローンの申し込み・借り入れはできるのでしょうか。

無職は確実にカードローンの借り入れができない?

結論から言ってしまえば、無職としてカードローンに申し込んでも貯金や傷病の有無などに関わらず審査を通過する可能性はないと言えます。同じ無職でも、専業主婦や年金受給者などは配偶者や年金という安定収入が期待できるため、少額の申し込みであれば審査に通る可能性はあります。ですがそれ以外の無職であれば審査以前の申し込み段階で手続きが止まります。
銀行はもちろん、大手消費者金融を含めたカードローンでは、申し込み条件として年齢などと並んで「一定の収入」「継続収入」などをあげています。そのため、無職でのカードローンの利用は申し込み段階で手続きが止まってしまうのです。

無職の人がカードローンを利用するためには?

このように申し込み時点で手続きが止まるため、無職の人がカードローンを申しこむことはできません。無職の人がカードローンを利用するためには、パート・アルバイトや派遣社員、契約社員など雇用形態を問わず定職に就くことが何よりの近道です。カードローンによっては申し込みの条件として一定の就労期間を求めることもありますが、大部分のカードローンでは定職に就いて安定収入を得ていれば申し込みができます。
無職でお金がないからカードローンでお金を借りたいのに、カードローンでお金を借りるために就職するというのは本末転倒もいいところです。しかし金銭のやり取りをめぐる契約は他の商品の契約と違ってより慎重になる必要があるため、カードローン会社も申し込み条件を厳しくしているのです。
介護や病気など、何らかの理由で就職するのが難しい人には、ネットビジネスを立ち上げてある程度の収入を得てから「自営業者」として審査を受けるのも一つの手です。自営業者の申し込みは給与所得者よりも審査が厳しい傾向があると言われていますが、その業務内容は問われないのでどのような職業であっても申し込みができるようになります。注意したいのは、自営業として申しこむときには収入証明書の提出を求められることがほとんどであり、無職なのに自営業であると偽って申し込んでも直ぐに明らかになります。虚偽の情報で申し込みをすると、個人信用情報にその事実が記録されるため、その後の借り入れがより不利になります。

無職でもOKのカードローンは大丈夫か

そうは言っても街金やネットのコラムには「無職でもOK」としているケースは少なくありません。このようなカードローンは魅力的ですが、しかし本当に安全なのでしょうか。無職でも借り入れできることをうたうカードローンは、そのほとんどがいわゆるヤミ金であり、安易に借り入れをすることでトイチやトゴといった無理な金利の契約を結ぶことになります。

おわりに

手軽に申し込み・借り入れできるカードローンですが、手軽さを実現しているのは申込者が定職に就いていて安定収入があるため、確実な返済が期待できるからです。無職であればこの条件から外れるため、カードローンの申し込みの段階で手続きが進まなくなります。無職でのカードローンの申し込みはできないということを踏まえて、再就職や職を立ち上げるなどする必要があると言えるでしょう。