消費者金融で借りてもいい人、借りないほうがいい人


手軽に借りて返せることから人気を集めている消費者金融などのカードローンですが、問題のない利用のためには計画的な利用が欠かせません。そのためには、収入や利用目的といった利用方法だけではなく、性格的な部分も大きく影響してくると言われています。今回は、消費者金融からの借り入れに向いている人、向いていない人の違いについて見てみましょう。

利用目的や条件から考える向いている人、いない人

カードローンの中でも消費者金融は即日審査・即日融資に対応しているところがほとんどであり、その即日でお金が必要なときには消費者金融以外の選択肢はないと言えます。注意したいのは、消費者金融は即日審査・即日融資に対応しているものの、その分借入限度額が低く、実質年率(利率)が高く設定されるため、安易に大きな金額の借り入れをすると返済に苦労することです。
また近年では銀行も個人向けカードローンサービスの提供をはじめていますが、消費者金融のカードローンと比べると審査が厳格におこなわれると言われています。そのため、銀行カードローンに申し込んでも審査に通らないことは珍しいことではないと言われています。銀行カードローンの申し込みで審査に落ちた人にも、消費者金融の利用は向いていると言えるでしょう。逆に言えば、急ぎでお金が入り用な要件がなく、銀行カードローンの申し込みに通る人であれば、消費者金融を積極的に利用する必要はないと言えるでしょう。

属性から考える向いている人、いない人

消費者金融は即日審査・即日融資に対応していて、審査を通過するのがそれほど難しくないのが大きなメリットですが、申しこむ人の属性によっては向いているケースと向いていないケースがあります。

消費者金融での借り入れに向いているケースとしては、安定した収入があり、定職に就いている人が該当します。消費者金融は貸金業法に定められた「総量規制」の対象であり、年収の三分の一を超える金額の借り入れができなくなっています。そのため、収入が少ないフリーターや専業主婦では申し込んでも借り入れできる金額が限られたものになり、利便性が期待できません。また、専業主婦であれば申し込み時に本人確認書類や収入証明書類の他に配偶者の同意書が必要になるため、手軽さとのバランスを考えて申し込みたいところです。

性格から考える向いている人、いない人

このように条件や属性から消費者金融の申し込みに向いている人、いない人は分かれますが、性格面ではどのように分かれるでしょうか。借り入れまでの時間が短いものの、借入限度額が低く実質年率(利率)の高い消費者金融では、利用にあたって銀行カードローンよりも計画的な利用が欠かせません。そのため、ある程度の計画性や余裕を持った利用ができる人のほうが消費者金融の利用に向いていると言えます。
また、融資枠が残っている限りは借り入れができるため、ついつい不要な借り入れをして後の返済に影響しがちです。そのため、計画を立てたらきっちりと利用できる人のほうが消費者金融の利用に向いていると言えるでしょう。

おわりに

手軽で便利なカードローンですが、消費者金融と銀行ではその性格が大きく異なり、利用目的や条件によってどちらが向いているかは全く異なります。また、条件だけではなく性格もトラブルのない利用に大きく影響してくるため、銀行と消費者金融のどちらに申しこむべきなのかは慎重に比較・検討する必要があると言えるでしょう。